株式会社かんきょう

住宅改修と福祉用具は、それぞれが補完し「相乗効果」が発揮されます。

住宅改修には実に様々な方法がありますので、ご利用になる方の心身状況や住宅改修の目的、利用する福祉用具と住宅改修内容の組み合わせなどを各専門家とよく相談して行う事が大切です。

かんきょうの住宅改修は、ケアマネージャー、作業療法士、理学療法士、大工の皆様、大手メーカーなど各専門家と連携し、長年の経験と実績から培った「幅広い専門知識」で、「福祉用具のプロだからできる使う人の立場に立った住宅改修」を常に考えてご提案しております。
また、介護保険適用の住宅改修の他、「保険適用外」の住宅改修も承っておりますのでお気軽にご相談下さい。

「長年住み慣れている家なのに、ちょっとした段差につまづいて転倒して骨折してしまった」
このような話はきいたことはありませんか?視力が低下したり、足運びがうまくいかず「すり足」になったりと加齢とともに身体状態は変わっていきます。年をとっても自立した生活を「我が家」で続けるためには、心身の機能にあわせて住まいの問題点を改善することが必要です。

日本の住まいの特徴と問題点

段差が多い
幅員が狭い
和式の生活様式
温度差が激しい
段差が多い 幅員が狭い 和式の生活様式 温度差が激しい
玄関の敷居、上がりかまち、廊下と居室、脱衣室と浴室など段差が多く事故が起こりやすい。 廊下、階段、扉の開口部などの幅が狭く、特に要介護高齢者は移動がしづらい
※福祉用具が使いづらい
床座の生活、和式浴槽をまたいで入る、トイレでしゃがむといった生活様式は、高齢者の身体機能の面からは適切ではない。 居室と廊下、トイレ、脱衣室と浴室など室内の温度差が激しく、高齢者の健康に悪影響を及ぼしやすい

日常での生活動作をよく知り、住宅改修の必要性を的確に捉えましょう

かんきょうは、関連会社に住宅会社がありますので、より専門的なアドバイスを致します。

住宅改修は、日常生活の中で「不便・不自由」な動作が何か、その原因はどこにあるのかをしっかりと捉えることが第一歩です。次にその解決方法を探るわけですが、医療・保健・福祉の専門家、とりわけ理学療法士や作業療法士、福祉住環境コーディネーター等といった専門家の意見を聞いて住宅改修の方針を立てるようにしましょう。

e-ONE'S HOME
toto

心身の機能が低下して介護が必要になった時、住まいを安全で使いやすく整えることは、在宅生活を続ける上での大きなポイントとなります。
生活環境が整うと、今まで「できない」と思っていたことができるようになったり、心身の状態が改善することもめずらしくありません。日常生活の自立度がアップすれば必要な介護サービスも変わり、より有効な利用の仕方が可能になります。介護する側の負担が軽減されることも大きなメリットです。

住宅改修と福祉用具を上手に組み合わせましょう

かんきょうは各種専門家と相談の上、より適切な組み合わせをご提案いたします。

住宅改修と福祉用具の利用は、身体機能の低下をハード面から補う役目を果すものとして一体的に考える必要があります。例えば浴室改修の代わりに福祉用具のすのこや入浴台を使う、逆に車いす利用のために住宅改修でスロープを設置するなど、両者をうまく組み合わせることで効果的に住まいを整えることが可能になります。
限られた費用のもとで住宅改修を有効に行うためにも「福祉用具の利用で何が可能か、その上でどの部分に改修が必要か」という視点を持って検討を行いましょう。

topへ