株式会社かんきょう

ケアプラザかんきょうから介護が必要な方、そしてご家族へのご挨拶

居宅介護支援事業所「ケアプラザかんきょう」では要介護認定されたご本人、及びご家族のご依頼により、介護保険に関わる以下の業務を適切かつ迅速に対応させていただきます。お気軽にご相談ください。

  1. 介護に関わるご相談、要介護認定申請の手続き代行
  2. ケアプラン(居宅介護サービス計画)の作成
  3. 介護サービスを提供する居宅介護サービス事業者及び介護福祉施設との連絡調整
  4. 市町村、保険医療福祉サービス機関との連絡調整
  5. 居宅サービス利用時の苦情や疑問の受付対応

介護に関してお困りの方はケアマネージャーにご相談下さい。

居宅介護支援事業所は、居宅において利用できるサービス(介護保険サービスだけでなく、介護保険対象外のサービスも含む)などの紹介やサービスの調整、居宅支援サービス費にかかる費用の計算や請求などを要介護者のかわりに行う事業所です。
居宅介護支援事業所にはケアマネージャーがおり、要介護者の依頼を受けて、心身の状況、環境、要介護者やご家族の希望などを考慮して介護サービス計画(ケアプラン)を作成したり、その他の介護に関する専門的な相談に応じます。

介護を必要としている本人や家族の希望を伺い、適切な介護サービス計画を作成します。

介護や支援を必要とする高齢者や家族が、自立した生活を送れるよう手助けするのがケアマネージャー(介護支援専門員)です。在宅での介護保険のご利用に関する相談、代行申請手続き、ケアプランの作成を行ったり、居宅サービスがスムーズに行われるように、サービス提供事業所との連絡・調整を図ります。
また、ご利用なさる方と十分な相談の上、毎月の介護計画(ケアプラン)を引き続きお作りします。ケアマネージャーは常にご利用者様の視点に立って居宅介護の支援を行っていきます。

介護サービス計画(ケアプラン)の作成、事業者や施設等との連絡調整、、介護保険の給付管理事務など、介護サービスの支援を担当する重要な役割を担います。

1.要介護認定に関する業務
要介護認定に関する申請代行を行ったり、訪問調査を行ったりします。
2.ケアプランの作成
要介護認定がなされると、要介護者の心身の状態を考慮して、利用者が自宅において日常生活を営むために必要な居宅サービス計画を作成し、要介護者本人及びご家族の希望に応じた介護サービス計画(ケアプラン)を作成します。
3.ケアプランの給付管理
ケアプランの作成だけではなく、ケアプランの給付管理業務のカバーを行います。
topへ